ひながつ

大好きな音楽のコトブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - | 
<< 【気になる音楽】Lucky SoulとかTravisやAir Traffic | Rosie Thomas「Only With Laughter Can You Win」 >>

My Chemical Romance「The Black Parade」

The Black Parade
The Black Parade
My Chemical Romance

マイ・ケミカル・ロマンスです。初めて聴いたマイケミの音楽は結構な衝撃を与えてくれまして。
その衝撃は心地良く浸透して、聴きこんでいるところであります。

ただ音楽だけを聴いているとロックというかポップみたいな明るい弾けた印象を受けるのですが、マイケミの生い立ちというか歴史などを紐解いていくとその背景にあるものがおのずと見えてきて、最初に受けたイメージとはずいぶん離れた場所にあるのかな、と思えてきます。
音楽と共に映像も観てみるとそれはもう一目瞭然で、音からでは感じ取れなかったイメージが映像によって手に取るようにわかって、これがまた実に奥深い。
PVなど映像を見るとマイケミの美学というか彼らの持っているセンスがそれはもう素晴らしく表現されていて、この世界観が私個人の好みにピタリとはまったものだからもうそうなるといちいち興奮しながら音を聴いたり、映像を観たりととにかく忙しい。ここ数日はすっかりはまりこんでしまって一日中マイケミにどっぷり浸かるという暮らしぶり。

どの曲が好き、とは選べないくらい全て好きなんですが、「Dead!」「Welcome to the Black Parade」「I Don't Love You」の3曲はPVで映像世界も堪能したのでより一層の愛着があります(ああ、でも「Disenchanted」の壮大さも好きだなぁ)。
特に!「I Don't Love You」はジェラルドのすがるような歌い方が印象的でその刹那さにものすごい吸引力で惹かれてしまいまして(もう〜なんて切なげに歌うんでしょうか)…。
「Welcome to the Black Parade」はまるでクイーンのような印象を受けざるを得ない(実際影響を受けているらしいのだけど)楽曲が、けれども聴き込んでみれば、映像も共に観てみればこれは紛れもなくマイケミの音楽であり、それを確固たるものとして聴き手も認めてしまうような、とにかく素晴らしい!の一言で言ってしまうのは簡単ですが、でも他に言葉が見つからないってことで、お許しを。
もう彼らの音楽のジャンルとか飛び越えて魂のぶつかり合いのようなそんな域にまで到達してしまいそうなもっともっと高みにあるものを私たちも一緒に見つめていきたい、ん〜上手く言葉を紡げなくてもどかしいのですが、とにかくそんな感情を揺さぶられる強烈なものを感じたのでした。

全体的な彩りに退廃的イメージがあるのですが、故に荘厳な美しさも兼ね備えていて、ただのロックと言ってしまうには言葉が足りなく、アルバムの華やかな楽曲に満足感を得ているのでした。

で。
25日のミュージックステーション見ました。もう〜なんていいタイミングで!と一人でうきうきしてその日を待っていたのですが、ちょうどその日に高熱出してぶっ倒れまして。それでもマイケミ出演のことは熱に浮かされながらも頭の大部分にちゃんと記憶していて、しっかり正座までして見ましたよ。
てっきり金髪ジェラルドが来るかと思いきや、黒髪でしたねー。黒髪も素敵でした。歌った「Welcome to the Black Parade」も歌詞の訳を読めてこの歌の意味もわかりましたし、大感激でありました。その後またパタリと横になってひたすら熱にウンウン唸っていたんですが、妙な満足感を感じながらその夜を過ごしたのでした。翌日には微熱にまで下がって回復。
で、またマイケミ三昧な日々であります。
かりさ | 洋楽日和(My Chemical Romance) | comments(0) | trackbacks(2) | 

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | - | 

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

rocketRecords  at 2007/05/28 11:40 PM
My Chemical Romance「The Black Parade」
『これクィーンやん、はは』 というのが、このアルバムを最初に聴いた後の第一声である。 ほんとに声に出して呟いてしまったぐらい、受けた。 The Black ParadeMy Chemical Romance by G-Tools 『これクィーンやん、はは』 とは言っても、いきなり彼らがママミア
放課後、図書館からロック・ミュージック。  at 2008/07/22 12:43 AM
【レビュー】 My Chemical Romance『The Black Parade』
今回のレビューは、米国のバンド、マイ・ケミカル・ロマンスが2006年にリリースしたアルバム『ザ・ブラック・パレード』です。 The Black Parade...
Trackback url: